池袋のキャバクラとガールズバーの違いって?

「池袋でキャバクラかガールズバーでアルバイトがしたいけど、一体どっちで働いた方がいいの?」と迷っている皆さん。

未経験の場合、キャバクラとガールズバーの仕事の違いは分かりにくいものですよね。

このページではこの2つの仕事内容や時給などについてまとめています。

これから池袋で働きたい方は是非、参考にしてみてくださいね。

池袋のキャバクラの仕事や時給について

池袋はキャバクラの数が多く、一大激戦区になっています。

ただ激戦区であるということはお店の数が多く、求人が豊富にあるということ。

バイトをするなら池袋は狙い目なんです。

キャバクラの仕事は、お客さんの横に座って注文に応じて水割りなどのお酒をつくり、タバコに火をつけたり灰皿を取りかえるのがメインの仕事です。

他にもお店が終わったあとにお客さんと食事をしたり(アフター)、お客さんと同伴で出勤したりと(同伴出勤)勤務時間以外にもなにかと忙しくなります。

顧客へのメールを一日数百通送っているキャバ嬢もいるので、お店以外の場所でもせっせと営業活動をしなければ指名客を獲得することはできません。

池袋や渋谷などの繁華街での平均的なキャバ嬢の時給は約3,000~4,000円前後ですが、容姿端麗で人気のあるキャバ嬢ならそれ以上の金額を稼いでいます。

池袋のガールズバーの仕事について

池袋はガールズバーも多く、求人数も豊富です。

キャバクラとの大きな違いはお客様の座席の隣に座ることがないこと。

カウンター越しの「対面接客」が基本なので、胸や脚、お尻を触られるようなことはありません。

バーなのでお酒の種類はかなり豊富で、最初はお酒の作り方から覚えていくことになります。

ただマニュアルがあるので、それにしたがって仕事をすれば問題ありません。

お酒やおつまみの提供がかなり重要なので、お酒の飲めない女性は少し厳しいかもしれませんね。

キャバクラと違ってノルマがないため、仕事は気楽ですがずっと立ったまま仕事をするので足がむくむ、体力が続かないなどの理由で辞めていく女の子もいます。

平均的な時給は池袋エリアで約1,500円~2,500円前後と、キャバクラよりも安めです。

体験入店してまずは確認してみよう

キャバクラにもガールズバーにも一長一短があり、どの仕事が合っているかどうかは体験してみないとわからないものです。

そこで自分に合うお店かどうか確かめる方法として、体験入店があります。

お店の担当者と面接して合格すれば、その日のうちに店舗で試しに働くことができますので、実際に働いてみて「向いていないな」と思ったら無理に仕事をする必要はありません。

まずはキャバクラ求人サイトの一覧を比較して、体験入店が出来るお店を探してみましょう。